日本爆买现象对中国制造业的启示

2020-07-19 07:35:23 - admin

  日本爆买现象对中国制造业的启示[日语论文]

  日本の爆買いから中国製造業への示唆

  摘要

  近年来,随着中国经济水平的发展,国民的消费水平也随之提高。14年中国游客大量赴日爆买的现象,引发了中国媒体和日本媒体的广泛关注,也同时引发了我们对“中国制造”的一些反思。

  本文首先将中国制造与日本制造的发展模式进行对比。然后从中借鉴日本发展业成功的经验,并探讨目前中国制造业存在的一些问题。最后,从政府企业以及个人的角度给出合理的建议,从而找出帮助“中国制造”走出困境的道路。

  关键词:品质管理;爆买 ;中日两国

  要旨

  近年、中国の経済発展に伴い、消費者の要求も向上してきている。2014年にたくさんの中国の観光客は日本に行ってたくさんの製品を購入する現象は中国メディアと日本メディアの注目を引きつけたと同時に、我々に「中国製造」に対する反省もさせた。

  本文は、まず中国製造と日本製造の発展パターンを比較すること。そして、日本製造業界成功の経験を借り、現在の中国製造業界に存在するいくつかの問題点を検討する。最後、政府や企業及び個人の角度から分析し、そこから「中国製造」を窮境から歩きだせる道を探したいと思いう。

  キーワード:品質管理;爆買い;中日両国

  image.png

  日本便利店的经营战略研究-以7-11为例[日语论文]

  日本のコンビニの経営戦略の研究-セブンイレブンを例に

  摘要

  日本是亚洲及至世界上便利店最多的国家之一,日本的便利店是最为成功的。其中,7-11是日本最大的便利店,也是再世界上拥有最多店铺的连锁企业。本论文先对日本便利店的发展做了概括,然后对在便利店产业先驱般存在的7-11企业的经营战略进行分析,解开它常年领先销售的秘密。接下来,对日本便利店产业的现状及面临的问题做了概括,并对7-11在日本的发展方向做了分析。论文的最后,分析了中国国内日本便利店企业的发展现状,提出7-11在国内发展面临的问题以及分析未来经营战略的调整。

  关键词:7-11;经营战略;便利店产业

  要旨

  日本はアジアだけではなく、世界までにコンビニの店舗数が最も多い国家であり、日本のコンビニは最も成功した。その中、セブン-イレブン(英: 7-Eleven)は、日本におけるコンビニエンスストア最大手であり、チェーンストアとしても世界最大の店舗数を展開している企業。本論文はまずセブン-イレブンの発展の歴史をまとめて、コンビニ業界で草分け的な存在しているセブン-イレブンの企業経営方式を分析して、常にリードし続けているの強さの秘密を明らかにする。そして、日本コンビニ業界現状を分析して、今はどんな課題を抱えているかを明らかにして、セブン-イレブン発展の方向を分析する。最後は、中国市場で日系コンビニ企業の現状を分析する。目前セブン-イレブン企業は抱えている課題を指摘し、経営戦略の調整を分析する。

121
顶一下

------ END ------

【亲子时间】德国+瑞士+奥天时12日10晚跟团游●

年龄旅游网各项效劳的一切权与运作权归上海年龄国际游览社(团体)有限公司(以下简称“年龄旅游”)一切。本...

股票若何看基本面

股票基本面包罗的方面比拟多,在生意一只股票时需求停止了解;上市公司股票的基本面包罗财务状况、盈利状况、...

2020年山东省济南教师招聘考试[大学辅导员]复习

nbsp[导读]:2020年山东省济南教师招聘考试[大学辅导员]复习题库/网页版,更多山东教师招聘报名时间、考试时间以及考...

(中恒团体)我国中药打针剂治疗心脑血管疾病的首

中恒团体(600252) 梧州制药粉针车间主任杨子盛接受记者采访。各位记者了解到,梧州制药车间花费才华可达100万瓶/天...

我要爆料(有奖爆料 20元--1000元) 收集爆料

隋朝大年夜业12年(616)岁尾的一天,朔州舞阳村,雪花飘飘。酒店里,杜如晦、郝孝德吃着麦饼,喝着火酒,耳边不...